2019年9月16日月曜日

最近の社長


「ポーランド+チェコ」Ⅲ

アウシュビッツ強制収容所へ。
アンネが収容されたところです。
日本人ガイドの中谷さんと言う方に2時間ほど案内していただきました。
非常に丁寧にご説明頂いて、本当に考えさせられました。

劣悪な環境の収容所、たった2畳のスペースに5人寝ます。
寒い時はマイナス15、次々亡くなります。

収容時、「選別」と言って、軍医が働ける人は右、働けそうにない人は左。
左に行った人は、そのあとガス室へ。
シャワーを浴びて消毒すると嘘を言って前進させます。
女性も子供も、、、、

そうしているうちにユダヤ人が溢れかえって、
収容所に入りきれなくなったものですから、ホロコースト、
つまり収容所に来るなりガス室。

遺体をドイツ人に処理させるにはストレスがかかりすぎると言うので、
生かしてやるから処理しろ!と、同じユダヤ人に焼かす。

ガイドの中谷さんは、「考えて下さい!」と、所々で、
明確な答えは言われないのですが、問題提起してされます。

それぞれの思想の違いや宗教もあるので、
私的な思いは持っておられるようですが、「考えて下さい!」で留められます。
アウシュビッツの問題だけではなくて、
いま世界中で起こっているさまざまな争い、過去の戦争の補償問題。

人間はあやまちを犯すし、傍観者はあやまった指導者に流される。
差別やヘイトスピーチなどによって、、、
中谷さんに教えてもらったことは、忘れないようにしたいです。



2019年9月9日月曜日

最近の社長


「ポーランド+チェコ」Ⅱ

移動と時差と、口に合わないけど、美味しいと言われる郷土料理。
毎夜繰り広げられる宴席。(一番くつろげます)

おじさんばかりなので、年齢は問わず、一様にポッコリお腹の、
中には西瓜のようなお腹にピチッとしたティーシャツの方も。

そういえば、随分前に他の会で、ある先輩から、
「あんな、あんななったら男もあかんぞ!」と言われる先には、
ビールジョッキ片手に指には煙草、髪の毛は寂しく、
アブラギッシュなお顔。そしてお腹はスイカの如く。
脳裏に蘇りました。

私は、そうではない!  と、思っても鏡を前に横を向くと、
それほどではなくても親戚か!

今回は、こころに決めて先ずは1キロ減をキープするようにしよう!
帰国したら、じゃなくて今から。

全くお腹の出てない方に聴くと、やはり、禁ビール、
シャリは日に3食中ほぼゼロと、、、
総摂取量ですね。



2019年9月2日月曜日

最近の社長


「ポーランド+チェコ」Ⅰ

  824日 伊丹羽田ミュンヘンワルシャワ
乗継が大変です。
今回の大阪年輪会研修旅行は総勢32名です。
いつもは2024名なのですが、なぜか今年は多いです。

いま、ミュンヘンで待ち時間にコレを書いています。眠たいです。(日本時間−7h)
例のごとく飛んでから1度目の食事時にワインをおかわりすること4回。
12時間弱のフライトの半分は寝ています。

しかしこの乗継トランジットが意外や疲れます。
だいたい遅れます。今も1時間のところ2時間ほど遅れてますが、、、
日本の電車みたいに、何秒か遅れても謝罪する事については、
ガイコクジンはたいそうビックリするそうです。

とは言え、出発したところなので、日頃の反省と今後の会社の方針などを考えつつ、
皆さんと勉強を交えて楽しく行きたいものです。




2019年8月26日月曜日

最近の社長


「元も子もない」


子供のころから、なにげなく耳にして聞きなれた言葉です。
(私の実家だけかもしれませんが)

親がよく口にしてました。
「そんなん、元も子もないやんか!
どうするつもりなん?!」という具合に。

「元」=元金
「子」=利息
直訳すると、「元金も利息もぶっ飛んだ!」
と、いう感じでしょうか・・・

最近は、米中貿易戦争、中国のバブル、英ブレグジット、
ドイツ銀行の債務問題などなど火種は秒速で地球を一周します。
トランプさんのTwitterも秒速で金融街へ・・・
怖いです。

私の格言「大台は、あっさり割れる!





2019年8月19日月曜日

最近の社長


「アツスギマス」


今日は、813日、明日からは盆休みです。
台風が接近中というのに、暑すぎます。道路の植栽も枯れているところがあります。
社内の冷房の設定温度も22
以前なら22℃というと、エアコンの付け始めの半時間ほどがせいぜいだったのに、
いまは夕方まで22℃に設定していても、
「サムイ、サムイ」という女子が居なくなりました。

退社したのではなく、冷え性のひとも、
それ以上に体感温度が上がっていて寒くないんですね。
屋外での仕事の方には敬意を表します。

世界中で異常気象の影響で、洪水や山火事が発生しています。
もう、この温暖化を止めようがないとしたら、だれもが想像したくない結果になる。
つまり、自分の孫か曾孫の時代には、災害が多発し、野菜や果物は暴騰し、
魚介類は絶滅危惧種どころか生態系が崩壊し、
毒性のきわめて強い種が生き残っているだけで
人間が食するにはなんとも食べ難いものだけが海に。

日本の水も、水源を外人に土地ごと買われてしまっていて、井戸も枯れてしまいます。
ワインもブドウが育たないので150万円は下らないようになる。
そして、エアコンで室外機から暖気が出ない機器を開発した企業の株価が1000倍になる。
と、いうように盆休み前、あまりにも暇なので、〝くだらないこと“を考えてしまいます。
40年、50年先のことを本気で考える政治家は、
選挙で勝てないので、嘘偽りの上手いひとが政界で活躍する。

世界中そうでは無くならない以上は、このまま、マッシグラに!!!  
転げだすと速度は上がるので、恐怖指数もあがりますね・・・





2019年8月12日月曜日

最近の社長


「真っすぐ死んでも歪んで死んだ」


以前に何かで読んだフレーズで、大変面白いと思ったので書き留めていたのですが、
どの本のどの著者なのか忘れてしまったので、ネットで検索しても判らなくて・・・

たぶん意味するところは、間違ったことや人に迷惑や辛い思いをさせたら、
自分に跳ね返ってくるでしょう、ということ。

歪んだ言行は、歪んで還ってくる。
亡くなった後にも、ひとに誹られるといったところでしょうか・・・

そういう私も、よく身近なひとから
「自分のことしか考えてないなぁ」と言われることがあります。

真っすぐ死んだら真っすぐのままで居たいです。




2019年8月5日月曜日

最近の社長


「カンガエル」

2019 71415日は海の日で連休でした。
どこいくでもなし、ゆっくりできました。

寝転がってTVでも・・・・
全盲の方が太平洋横断する番組、
なんらかの身体の故障で右手が思うように動かず左手だけで
ピアノを弾く方々のドキュメンタリー、
15歳で単身米国の見知らぬ家族宅へホームスティする少女。
どの番組の登場人物にも自分は負けている。
そんな気がしました・・・(泣)

大企業の新商品開発や、大学の研究者でも功績を残してきた方々は
聞くところによると自分を追い込んで、絶壁の淵までも追いこまないと
素晴らしい結果は出せないといいます。

映像にはほんの一部分だけ抜粋してあるので本当は独り、
涙涙の努力の果ての結果です。

 先日も弊社社員と営業の帰路、四条通で白杖をぎこちなく使いながら歩く
若い男性が二人の目に入りました。

「社長~、ああいう方を見ると、わたしら健常者やし何でも出来ますよね~」と・・・・
私はその一言を聞いて、こやつは神がかってる・・・・

そう、何でも出来るチャンスと身体があるんだから、その通り何でもできるでしょう。
やらないだけ。チャンスを見ても見なかったことにしてやらないだけ。

歳喰って若い時やっときゃ良かったと、
どこかで聞いたような後悔の言葉をまねて連呼。

近頃、人生100年時代とか言ってます。
有意義ならいくつで幕を閉じてもいいですよね。

私も50を超えてあと230年か・・・・
何もシナイわけには行きません。
連休だからと言って思考を止めてはいけません。

何事もよくよく考えて考えて考えて、斟酌して自分の言動を形成しましょう。
とは言え、私も言うだけで、率先垂範出来てません。↓



2019年7月29日月曜日

最近の社長


「奈良の鹿」


79日のニュースに今年3月以降死んだ鹿14頭のうち、
9頭からレジ袋やごみが・・・

悲惨な写真を見る限り、レジ袋です。

観光客のモラル低下と書いてありますが、
すぐさま悪いのはチャイニーズちゃうんか!
って思ってしまうのは私だけでしょうか・・・

それだけの原因ではないでしょうけど、ティッシュや
ウエットティッシュなんかも落ちているのをよく見かけます。
みんなのモラルの低下ですね。

随分前に、弊社社員が、サラミソーセージの外のナイロンをめくって
バクバク食べて、しばらくして調子が悪くなったとのこと。

医者へ行くと、外のナイロンの下にもうひと巻、
紙のようなナイロンを全部食べてしまっていたとのこと。(酔ってた?)

胃の洗浄をして無事帰宅。
鹿はしゃべれませんものね。




2019年7月22日月曜日

最近の社長


「マイクロプラスティック」


今回、人間の糞便からもやはりマイクロプラスティックが確認されました。
想像より多いとのこと。

毎年800万トンのプラスティックごみが海へと流れつきます。
大半が使い捨てのものです。

日光と波の働きによって米粒ほどになって世界中の海、
海溝にさまよって魚介類が食べてしまいます。

海からだけではなくて、化学繊維、ポリエステル、アクリルなど、
着ている服などからも、空中を舞っているマイクロプラスティックがあります。
なんでも、空中から摂取してしまう量の方が多いとのことです。

人間が作り出したもの(ゴミ)が、自分に返ってきています。
必ず、みんな、マイクロ、ナノプラスティックを食べています。
顕微鏡でしか見えないほどのプラスティック片なんて、
私も毎日、口にしているのではないでしょうか・・・

たまに、目に化学繊維?
目がなにかゴロゴロする、違和感あるなぁ・・と鏡をよくよくみると、
納豆の糸引きほどの化学繊維!!!
これ、食べてても自覚ないですよね。
どうすればいいんでしょうか?

石油製品全廃も不可能ですし、ナイロン製品もないと困ることもいっぱいあります。
でも、アワビの肝や、丸干し、めざしなど、
肝ごと食べるものは、もう絶対入ってる気がします。

人体の内臓の検査結果はないそうです。
自分だけは〝大丈夫“ってのはない気がします!!!





2019年7月15日月曜日

最近の社長


「弊社の広告」


2年間、365日、1ページ、経済誌に広告を載せていましたが、
今年からは地元紙である京都新聞の本誌に切り替えました。

内容は、「不動産の売買、その前にご相談を!」と言ったものです。
弊社は、駐車場業しかしていないじゃないの?!
不動産の売買なんてやってるの?という方々が多いのに対応しようという思いです。

逆に「御社は不動産売買しかしてないでしょ!」っていう方が居られました。
その方は、知人に駐車場をしようかと相談されたそうなのですが、
東京の大手駐車場会社を紹介されてしまいました。

後に、私と不動産の件でお話ししているとき、その知人の方の話に至り、
「なんや、あんたとこコインパークしてんの?!」
といわれて、私は驚愕。

その河原町通りの大きな物販ビルオーナーに、
私は怒りにも近いわだかまりを、払しょくしようと、
「あのね、社長、私とこの会社は駐車場いっぱいあるの見たことないですか???」
と・・・・もう!!!!!



2019年7月8日月曜日

最近の社長


「最高値」


73
米国ダウがまたまた、史上最高値を更新しています。
チャートを見ると、10年前の2.5倍になっています。
2008年のリーマン時には大幅ダウンしたものの、それ以降はほぼ右肩上がりです。
世界中右へ倣えの金融緩和で、じゃぶじゃぶのお金は、
またまた低格付債に向かい少しでも高い金利に傾倒しています。

「満つれば、覆る」
同じことの繰り返しでしょうか・・・

欧米の金融マンも、捕まらなければ、イケイケどんどんなんて聞いたこともあります。
アジア新興国の主要都市の不動産なんかも、外資が随分前から買ってしまっています。

国際通貨基金IMFは、「景気後退を増幅させる」と言っているのに、
目先の景気を支えるために利下げを迫られている反面、
副作用にも怯えている状態です。

“最高値“のあとは、最高値でしょうか?




2019年7月1日月曜日

最近の社長


「求人」


弊社では、只今、男女社員を募集しております。

求人サイトはたくさんありますが、
おこころあたりのある方は、ぜひともご紹介くださいませ!

年齢は出来れば、お若い方がありがたいです。

コインパークの管理業務等、事務の仕事です。
よろしくお願いいたします。

ご連絡は、0753414444 (担当 住吉・中井)






2019年6月24日月曜日

最近の社長


「それぞれのPEI


5月末からカナダの東の端っこのプリンスエドワード島(PEI)の
シャーロットタウンに所用で伺いました。

会社から現地まで乗り継ぎが悪いので25時間かかります。
これといって何もないのどかな島です。

これがまた、寒い。思っていたより相当寒い。
朝食においしそうな牛乳を2杯飲んで、腹痛。

晩飯に地元海鮮物オイスター、日本の牡蠣の半分くらいの大きさで、
小ぶりで美味しいのでいくらでも食べられます。
腹痛。

レンタカー(左ハンドルのトヨタカムリ)で逆走してしまう。
右側通行右側通行と自分に言い聞かすも前後に車がないとふと間違えてしまいます。
どこへいっても寒い。

赤毛のアンの家へ行くも、これといってなんてない。
永遠と続くジャガイモ畑+牛
寒い。

3日目とうとう発熱。
ホームパーティにお呼ばれするも、発熱と頭痛で中座し独りホテルに帰りベットイン。
晩飯は毎晩みんなでわいわいする。→熱のぶり返しの繰り返し。
結局、帰路フラフラのまま空港へ。

PEIはオランダと似て質素倹約の精神を感じます。
お誕生日会のホームパーティでしたが、手渡すものは、
お手紙か、石鹸などの日用品などが多いです。

シャーロットタウンでは何でもそろいますが、ブランドショップはありません。
信号のない交差点では必ず、譲ってくれます。特に歩行者には寛大です。

あまり見かけないなぁと思っていた、チャイニーズが・・・
飲食店にいました、グッチの帽子をかぶっているのですが品がない、似合ってない。
それをみてみんな「かっこ悪い!」というのですが、
日本人でもブランドもの好きちゃうん・・・
普通に生きてくのにはなんでもいいじゃないの、気取らなくて、
という町で浮いているチャイニーズを見て私も恥ずかしい気持ちになりました。

いま、世界中駆け足で進歩発展し、行く先を競い合っているのにPEIでは感じません。
ときにはなにものにもとらわれない〝自分“を見る必要がありますね。




2019年6月17日月曜日

最近の社長


「こ・れ・か・ら」


アメリカのアーモンド畑では、ミツバチが激減してほかの州からミツバチを
トレーラーで買って来ているそうです。

ミツバチは繊細で、農薬や除草剤・防虫剤の影響で死んでしまいます。
実のなるものはほとんど受粉を繰り返して、果実となります。

日本でもハウスイチゴやハウストマトなどのハウスの中に飛ばすミツバチは決まっています。
ミツバチがいないとどうにもなりません。
みんながミツバチ争奪戦をしていけばどうなるのでしょう・・・

動植物の絶滅危惧種は何万種あるんだから、
われわれが口にする食べ物の種類も減っていくことでしょう。

2,30年もしたら、ほんとうに昆虫食文化の時代になり、
高タンパク質の芋虫や蛾の幼虫なんかはグラム当たり3000円?!
野菜工場物件の利回りは10%?!
湧き水は中国人に山ごと買われてしまって天然水は高騰?!
現在安価な食品も何かのきっかけで爆謄し、金塊と近江牛と物々交換?!

弊社は「蜜蜂養殖産業」を始めます?!





2019年6月3日月曜日

最近の社長

「飛行機事故」


ロシア、モスクワ郊外の空港でアエロフロート・ロシアの航空機が緊急着陸。
乗員乗客41人が死亡、生存者37人はみんな機体前方に居た人で犠牲者は後方。
緊急着陸の際、機体後方で炎上していたけれど、機内には延焼はまだ及んでいなかったので、
前方の乗客らから順にスーツケースや手荷物を棚から取り出して、脱出しました。

TVでその映像はなんども報道されていましたし、ご覧になられた方も多く、
また、記憶に残っています。

前の人が機内持ち込み最大限の荷物などを諦めて素早く脱出していたら、、、
もっともっと他の方の命も助かったことは間違えありません。
とはいえ、火の手がまだ回っていないのなら、自分でもリュックひとつくらいなら
持っていこう、大切なパスポートも入っているんだから・・・と思ってしまうでしょう。

私も、旅行は大好きなので、近場なら機内持ち込み最大のトランクで行けば、
到着してから荷物が出てくるまでの待ち時間を失くせますから、
そうすることもありますが、パスポート、カード、現金は別のカバンに入れてますから、
そのカバンだけは持って脱出したいところです。

でも、今回の事故はTVでは機体後部が炎上している映像を何度も見ましたが、
なかの状況を鑑みると恐ろしいです。
海外では何が起こるかわからないので、


みなさまも、お気楽な旅行だと侮らないでください。
今年、ベルギーでパスポートを掏られた知人、
まえにインドネシアで後方からミニバイクで手提げかばんをひったくられた知人。
私はどちらも真横に居たのに何もできませんでした・・・!

事故もトラブルも避けたいものですね。






2019年5月27日月曜日

最近の社長


「これからのドライバー」


近頃再々、高齢者の交通事故が報道されています。
報道されているのは、大変酷い事故です。
報道されていない事故についてはどうでしょう?

弊社も駐車場事業を営む傍ら、よく駐車場内での事故が起こります。
よくあるのが、隣の家にぶつかった、ブロック塀に突っ込んだ、
ロック板(フラップ板)に乗り上げて車が動かなくなったなどの事象です。
人身事故はありません。

もし、弊社の駐車場で大きな人身事故が起こったら・・・
小さな子供さんが、親がほんの少し目を離したすきに・・・という事故はよく聞きます。

「クルマは凶器」なのでお年寄りに限らず若い人も、タバコを吸いながら、
携帯いじりながら、談笑しながらの運転で事故をしないようにしてほしいです。

先日も、中京区で犬の散歩で自転車を乗っている人に
プリウスを運転の中年男性が自転車に、接触!

自転車の男性「どっっこ、見て運転しとんのじゃ~!」
と転倒したまま怒鳴ってました。

プリウスの人は車を斜めに道を塞いだまま降りてきて、
ペコペコ誤ってましたが、1000ですね?・・・
よそ見してたみたいです。自転車の人はすぐ立ち上がりましたから、
打撲?程度でしょうけど、
事故処理が大変でしょうね・・・

人身での事故証明が受理されれば免停ですよね・・・









2019年5月20日月曜日

最近の社長


「静けさ」


4月半ば、蹴上のインクラインの横を車で・・・
つい先週まで、花見の観光客でごった返していたのに、もう誰もいません。
桜の花はまだ少しは咲いているんですけれど、見頃はほんの少しの間だけですから
しょうがないといえばしょうがないですね。

いい時ってのは、少しの間しか続かないようになっているとすれば、
会社の事業やひとの生き方にも陰と陽の法則があると言わざるを得ません。

くるくるクルクル良い時とそうでない時がめぐってきます。
いま、世界中が金融緩和の一色であり、緩和されれば物の価値が上がります。
ダブついたお金や、あぶく銭が絵画や不動産、株の価格を押し上げます。

米国株も史上最高値を更新しています。怖いですね・・・
「花は半開きを見、酒はほろ酔い程度に」
もし、いつも花は満開、酒は泥酔するまでというのであれば、あとは、散るだけですからね・・・
インクライン付近の静けさになんか寂しさを感じました!




2019年5月13日月曜日

最近の社長


「令和」


新元号。
昭和生まれの人にとっては、3つめですね。
何かが変わったからとて、私も・・・
とは思いませんが、せっかくですから、
こころ新たに自分になにか目標をかかげるのもいいこと。

わたしは、ひとと同じことをするのが嫌です。
そのせいでたぶん損もしていますが、やはりマイウェイで行きたいです。
平成の天皇の生き方にはこころから絶大な敬意を表したいです。




2019年4月22日月曜日

最近の社長


「解体工事」


4月以降、解体しなければならない現場が4か所。
敷地はそれぞれ、56坪、71坪、107坪、最後に61坪。
全部木造の2階建てです。

なにも難なく行きそうだなと高を括っていると、そんなときに限ってなんか出てきます。  
なんか出てくる、というのは苦情のえげつないレベル4くらいの
クレーマーが現れることを言います。

京都は戦火で焼けてないのもあって、町屋や棟続きの長屋も多くて
隣とピッタリくっていているのには、結構手をやきます。

井戸や防空壕やなかには想像を絶するような事象が起こります。
建築の際にはもっと深刻で、私がまだ20代のとき、
担当した5階建の建物を新築する際、地中深く掘って、埋設基礎、
地中梁を設置するために何メーターか掘るのですが、
隣の古い木造家屋が傾いてしまいました。

烈火のごとく怒りまくった家に呼び出され、私はひとり訪問。
「これどないしてくれるねん!」
ふすまや障子が歪みのために閉まらなくなっていたのです。
初老のご主人は廊下で私を飛び蹴りしようとされて、コケてしまわれて、〝どすん“
近所の人も出てきて、私もどうしようもなくて、
誤り倒して上司のもとへ駆け帰りました。

その後はよく覚えてませんが、ふすま、障子を大工さんに削ってもらい
ごまかした処理でこらえてもらったと思います。いまだに胸の痛む思いです。

施主としては、結局、下請け任せでは事足りません。
と、いうことでなんでも事に取り掛かるときには、安易な考えは禁物です。

最近読んだ本にもこんなフレーズがありました。
【成功した人は、失敗し易い】

 


2019年4月15日月曜日

最近の社長


「東京のひと」


先日、東京の地主様Kさんが弊社に来られました。
その前の月に、貸テナントの立ち合いに京都に来られた時にもお会いしました。
社内ではKさんは、男前で、女性からもモテルタイプやなぁ・・・
いったい、お歳はいくつなのか?
社内でワク・・・
45くらいじゃないの~」
「ええっ、もうちょい上ちゃうか・・」
「肌、つるつるやん、髪の毛もながいし!」
50はいってないやろ!!」

で、その次に来られた時の打ち合わせで、
私+社員「住宅地図が小さくて見えん。〇〇さんこれ探してょ見える?」
Kさん 「私も随分前から小さな字、見えませんでしてね・・
だってもう、62なんですよ!」
私+社員「げっ!!!!! 失礼しました。本当ですか?
社内で話題になってたんですよー」
Kさん 「スクワットのやりすぎで膝を痛めましてね、
他にもジムに行ったりがんばってるんですよ。」
私+社員「そうですか、そうですか。それにしても40代にしか見えませんよ。
10人が10人とも40代と答えるでしょう。
凄いというか、羨ましいというか、努力家なんですね」

Kさんは、用事が終わると苦笑して帰られました。

のちの社内
A「ぜっんぜん、ぜったいのぜったいに62には見えん」
B「びっくりですよね~」

C「・・・東京だし・・・」