2019年1月21日月曜日

最近の社長


「KONA」


ちょっと、体の調子が良く思えないので、
社内で「お白湯かあったかいお茶ない?」と私。

そうしますと、
「粉の緑茶でもいいですか?」
「?????」私。
「お湯に粉を混ぜるだけですけどそれでいいですか?」
「う、うーん、そんなんあるん? じゃ、その粉のお茶を淹れてくれる・・」
なるほど、茶葉から淹れたか、粉を混ぜただけなのかわかりません。
「うち(弊社)ではいつもこれ(粉)なん?」
「そうですよ!!!」
「知らんかった・・・」私。

弊社でいつの間に、"お茶"が粉を混ぜるだけになっていたのか・・・
(古の言葉に「ただ下を知れ」と)
聞いてしまうと味気なくも感じ、手抜きじゃないのとか・・・
まぁ、いまどきらしいと言えばそうかもしれません。

毎朝、会社でコーヒーも淹れてもらってましたが、
いつのまにか私しかコーヒーを飲んでないと言われ、申し訳なくなり、
以来、結局、社の真前のコンビニでペットボトルの熱茶かコーヒーということに・・・
(働き方改革?)
女子社員はお茶汲みでも、コピー屋(最近はPCできない老役員の為のチケットなどの手配屋)でもない。

"KONA"に見る現代(いま)。
みなさまには、どのように受け止められるでしょうか???


昆布茶買ってこ。





2019年1月14日月曜日

最近の社長


「平時に乱を忘れず」


人形を彫るには、目は小さく、鼻は大きくしておきます。
あとで、「シマッタ!!!」と嘆かなくてよいようにするための一種の備えです。

目をはじめから大きく彫ってしまうと、小さくできませんし、
鼻もはじめから小さく彫ってしまうと、大きくできません。

"あたりまえ"のことです。
ひとはこの、あたりまえをふと忘れてしまいます。

今年はまだ始まったばかりですが、世界中に並並ならぬ経済的打撃の火種が燻っています。
10年前のリーマンショック時には、
金融業会で「キャッシュ イズ キング!」と謳われていました。

自分は自分ではありますが、それ相応のポジションにおられる方は、
上からも下からも観察されています。
特に下からの眼の数のほうが多いです。

ですから、勉強しましょう。

道を歩いているとき、旅行先で見たもの聞いたもの、日経新聞や古典を読む。
10万円以下でもよいので株や金を買ってみるとか・・・

買ってしまうとその動向が気になりますから。
そうして次第に自分の触覚が鍛錬されて行くと思います。

そういう私もまだまだ勉強不足を日々感じていますし、
自分の器の小ささに嘆く日々です。(泣)



2019年1月7日月曜日

最近の社長


「あらたな一年」


みなさまあけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年は暦上、金融機関が6連休でした。
そして、そして、今年のゴールデンウィークはなんと10連休とか!?
各金融機関は相当な措置が求められてしまうのではないかと戦々恐々です。

月末月始をまたぐのでなおさらです。
あるメガバンクの方のコメントでは、ポジションにもよりますが
必ず出社しなければ無理!!とのことです。

海外市況が暴落しているのに、日本証券取引所が閉まってる!!
そんな事態になるかもしれません。

大きな変化がないことを祈ります。

さて、ネガティブな事象を並べ諂ってもしかたないので、
今年の抱負としては「本業貫徹」。

あれもこれも、あの人がやるから私も的な行動には走らないように邁進したいと思います。
不動産価格についても読みにくいので、低リスクで前向きに取り組んで行く考えです。


今年も弊社社員一同、何卒よろしくお願いいたします。
小さな不動産売買物件も、23台の時間貸し駐車場も、なんでもご相談ください!!!