2018年6月18日月曜日

最近の社長


「セクハラよりキモい、中年男のLINE」


ネットのニュースに載ってました。
内容はご想像の通りです。
勝手に思い込んで、女性にLineを送る。

しかも、スタンプやポエム調。

凄っごい迷惑されている女子社員や飲み屋のお姉さんたち。

自己観照して、おやめになったほうが良いでしょうね・・・

便利な世の中、平和な日本。
そんなことを象徴する記事だと思います。





2018年6月11日月曜日

最近の社長


「屋台居酒屋 大阪 満マルさん+鳥貴族さん」


祝! オープン!
JR二条駅前の「コンセプト TATSUJIROビル」
1F 屋台居酒屋 大阪 満マル(昼の定食・夜の串カツ居酒屋)
2F 鳥貴族(ご存知トリキ)

場所は御池通り千本東入る2軒目北側にあります。
スグに目に付く場所です。

若い方々が一生懸命、働いておられます。
お友達、会社の方と、また、ご家族でおこしくださいませ!
(弊社はテナントをお貸ししているだけです。)

私も早く行きたいですが、1Fは65日に2Fは同7日に
オープンしたところなので、日によっては並んで待ちのお客様が
いらっしゃいますので、ちょっと日をおいてから必ず行きたいです。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。



2018年6月4日月曜日

最近の社長


「外人は今後も増え続けるのか?」


京都の、社寺仏閣、駅、ホテル、四条通。
どこもかしこも外国の方ばかりです。これから気候が暑くなると、
ほとんどハダカでちゃりんこを乗ります。

インバウンド人気も手伝って、京都市内はホテル建設ラッシュ真っ只中。
その建築主も京都企業ではなく他府県の企業体がほとんどです。
財閥・電鉄・外資の仕手株同様全員参加型。

今後、5年先あたりではどうなっていると思いますか?
10年先と言われると全く持ってわかりませんが、5年ではどうでしょう・・・
平成の年号は変わり、5歳分年を喰い、体はあちこち傷みだし、
階段のある家には住めなくなり、1万円札は廃止され、
キャッシュレスになり、携帯電話とカード1枚での生活。

バスくらいは自動運転になり、看板や交通案内はすべて英語表記。
老人は言語変換器で買い物をし、病院の外国人ドクターとも仲良く世間話が出来る。
不動産も欧米亜細亜を問わず、ど真ん中は超高額。

そんなようなことで、外国人は減りも増えもしない。
為替相場によっては来日外国人の質が変わるだけ。
外国人と仲良く出来る商売を模索しなければいけないのでしょうか?






2018年5月28日月曜日

最近の社長


「人口減少を軽視してはいけない」


日本より人口の少ない国も沢山あります。
フィンランドのように社会福祉制度が充実していたり、
ドイツでも仕事に対する幼少期からの教育制度が充実していたりします。

しかし、日本ほど急激に今後人口が激減する国は無くて、
しかも前例も殆どありません。
過去にヨーロッパで疫病により相当な人口減少があったときも
社会構造事態が変化して、生産性を上げたそうです。

では、日本では一体全体どうなるの???
金融アナリストや各メディアも人口減少を軽視している。

北極圏の永久凍土が川の激しい流れのように溶けだして行く映像のように。

テレビのCMでも、家族団らんのシーンではなぜか両親と子供はひとり。
もっともっと子だくさんなイメージ映像を流して欲しいです。

人口減少国で繁栄することはない。
大企業は海外売上げ比50%以上なんて会社がいっぱいありますが、
99%が中小企業の日本では海外売上げを見込めるのはほんの一握り。

そのほとんどがアジア、東アジア圏内です。
欧米となると大企業で無いかぎり進出すらママなりませんので、
視察も行きませんょ。
と、半分、ボヤキみたいですけど、今後の日本は心配です。





2018年5月21日月曜日

最近の社長


「おもしろきこと!」


"おもしろきこともなき世をおもしろく"
高杉晋作

♪まいにち まいにち 僕らは鉄板の~♪
私たちが子供のころ大ヒットした、およげたい焼くん。
鉄板の上しか知らなかった、たい焼くんが大海原に飛び出して
楽しい日々が続いていたのにある日釣り針にかかって
水揚げされて結局食べられる、と言う歌。

毎日、楽しいことばかりあっても人間ダメになりますが、
大変な苦労ばかりでもこれまた然り。

ある本を読んでいてこの高杉晋作の句の一行がどうも脳裏に残ります。
一瞬、たい焼くんの歌が頭によぎりました。
まいにち、同じことの繰り返しでおもしろくない。
この世の中、なにがおもしろいのか・・・
「おもしろきこともなき世をおもしろく」
逆境にふて腐れず、考え方次第でおもしろく生きていける術があるのではないの?
とでも言いたげです。

自分のこころのありかたひとつです。
そういえば、堀場会長さまも、「おもしろおかしく」、
なんて社是にして批判を言う人も居ましたが、
じぶんはじぶんなので人の意見なんて聞き流したほうが
ストレス減らせますよね・・・





2018年5月14日月曜日

最近の社長


「友人」


55
10代からの友人と晩飯に・・・
彼は、メモマンで例えば、美味しい焼肉屋さんを私から聞きだすと、メモを。
後日、「旨かった!」

勿論仕事も同じでしょう。
そして、ドウシテマン。

なんでも、疑問に思うことは「なんで?」「なんで?」
「なんでなん?」と言う具合です。

10代のころ私が実家に住まいしているときでも、私より先に家に居たり・・・
私が帰宅すると「おっ!」ってな感じです。

彼は東証1部に上場してしまって、今は土日以外は東京で忙しいくせに、
盆暮れとGウィークになると連絡してきます。

そんなわけで、その日は2人で食べて呑んで、
ひとには言えない話や愚痴をお互い吐きに吐いて吐き出して、
なにやら次の日には何の話をしていたやらウロ覚えです。

お互い口は固い。
ので、何でもいえます。
そういう間柄はぜひとも大切にしたいと思います。

「友人」とは言うものの、一般的にはどうしても
仕事つながりが多くなってしまいます。

友人=仕事=お金、という繋がりはどうでしょうか?
薄氷の関係もストレスを感じますから、やっぱり仕事つながりのみと言うのは
いつか、疲弊してしまうのではないでしょうか・・・





2018年5月7日月曜日

最近の社長


「頭に来てもアホとは戦うな!」


最近読んだ本のタイトルです。
タイトルから想像できるように内容は、その通りであり、
仕事上頭に来ても怒らず戦わない。そんなことを考えていると
ストレスを増やして時間を無駄にするかである。と・・・

古典にも、
「蜂や蠍(サソリ)のような小人(徳の無い人)どもの
毒に刺されてはならない」とあります。

小虫でも毒があって場合によっては危機に至る。
小さいからといって侮ってはいけないということです。
侮って(あなどって)はいけません。

このタイトル、頭に来た時思い出したら結構いいですよ。
頭に来たときとは、誰かに対してブチギレる手前。

私は手前で次のようにしています。
   手前で「アホとは戦うな」と自分に言い聞かす。
   その相手を哀れむ=可愛そうな人であると思う。
   その相手は「いづれバチが当たりよる」であろうと自分に言い聞かす。
   忘れて寝る。
   それでも忘れられなくて寝られん時は酒を飲んでバタンと寝る。
   翌日からは前向きな仕事に没頭する。
(自分はパイオニア的存在だと言い聞かす。)

いかがでしょうか?
熱くなって吐いた言葉は戻せません。
咀嚼してから吐きましょう。