2018年9月17日月曜日

最近の社長


「台風」


9月4日
台風21号直撃。
弊社のコインパーキングにも瓦やトタン板、タイルに折れた樹木。
ひどいのは、ブロック塀ごと、隣の家の壁ごと倒れてきました。

世界中異常気象で洪水や山火事、竜巻にハリケーン。
温暖化で地球が悲鳴を上げているようです。
その悲鳴を聞いても知らんぷり。

京都の有名な社寺仏閣も神殿が倒壊したりご神木が折れたりしました。
しばらく後始末に追われる次第です。
これから先も毎年数回このような災害(人災)に
みまわれることになるでしょうと思わずには居れません。

関空もこのままではまた浸水して閉鎖を余儀無くされ、
停電している地域も復旧ができない。

もろいものです。

人間の創ったものを悉く破壊していく災害。
新幹線や名神高速道路の寸断、近くの原発事故、
南海トラフ地震など、私が生きている間に起こるんでしょうか?

想定外とか、50年に一度とか・・・
きょう、96日未明には北海道で大きな地震。
甚大な被害のようです。
対岸の火事ではないですね。



2018年9月10日月曜日

最近の社長


「ベスト・キッド」


映画でベスト・キッド(1984)を観た事のない方もおられるかもしれませんが、
観たことのある方は私のように何度も観ているって方意外と多いのではと思います。

いじめられっ子の少年が、沖縄出身の“ミヤギ”さんに空手を師事し
大会でいじめっ子たちを抜きん出て見事優勝すると言うストーリー。

空手の教えはじめは、クルマのワックスがけや、
壁のペンキ塗りばかりで少年はこころ折れそうになりながらも、
それでも努力し続けて自分にも勝ったのです。

古伝にも、
「初め厳しくしてから後に緩やかにするのがよい。
先に緩やかにしてあとで厳しくすれば、人はその厳しさを恨むものである。」と・・・




2018年9月3日月曜日

最近の社長


「ホテル」


ホテル、ホテル、ホテル
旅館、旅館、旅館。
京都市内、どこを歩いても建築概要のホワイトボードには、ホテルと旅館です。
共同住宅(マンション)はホテルと旅館に押されて激減です。
低金利・オリンピック・投資・インバウンドなど、理由はさまざまです。
しかし、みな様が眼にして思ってらっしゃるとおり異常なほど多い。
「どないやな!」って感じですよね。

増えたら減る。縮めば伸びる。強まれば弱まる。
世の中の摂理です。
抗う必要はありませんが、どうなることでしょうね???




2018年8月27日月曜日

最近の社長


「少子化」

TVのコマーシャルでも、その他の広告でも、
例えば、ハウスメーカーであれば3人家族の想定。

また、食料品などのそれでも子供さんが1人の設定。
まれに複数の子供の設定もありますが、注意してみているとやはり独りっ子。

広告媒体は常に眼と耳から入るもの。
ですから、大企業の広告も子沢山とは言いませんが、
複数以上の設定で製作してもらえれば少しでも多くの親世代が、
もう1人子供を授かりたいと思うかもしれません。

国の子供に対する政策も北欧のように充実したものとなれば、
もっと少子化に歯止めをかけられるのですが、
徴収された税金はどこへ行っているのやら解りません。

大昔から人口減少は、国の衰退。
誰もが孫の世代のことまで考えていません。
眼の前の仕事、人間関係、親、家族のことで一杯いっぱいです。
公私共に国に頼ろうとは思わないようにしていますが、
やはり国の政策に左右される所は大きいですよね・・・・



2018年8月20日月曜日

最近の社長


「女子会???」


弊社のお客様サロンのアルバイトの女性の6名のうち2名は
私の小学校の同じクラスだった同級生が手伝ってくれています。
もう1人同級生が弊社取引先の社長の奥様で、弊社つながりで最近、
よく3人で晩ご飯など行ってるみたいです。

先日も河原町通りの飲食店へ3人で行ったとのこと。
食べ放題・呑み放題2580円也。
タブレットで注文するとか・・・
食べは1時間半で呑みは3時間までで、食べ物注文は1時間半経過すると
タブレット注文が切れてしまいます。

私  「まさか、3時間も居なかったんでしょ?」
同級生「居たの! 3時間きっちりしゃべりにしゃべった!窓からの景色も最高だったし!」
私  「3時間もなにしゃべるんじゃ!」
同級生「忘れた! しゃべりすぎて忘れた」
私  「アホか! 線切れとるんか!」
私  「で、3時間しゃべったから帰ったんやろな?」
同級生「ううん、河原町渡ってサイゼリア行ってスイーツだけ食べた!」
同級生「支払いを1人ずつ280円、300円・・・店員の方嫌がってたかも・・・」
私  「・・・・・」


※景気判断の参考にしていただければ幸いです。
2580円は足でなかったとのことですが、1人ずつカードでの支払いはNGで、
代表者が3人分カード支払いして徴収。

2018年8月13日月曜日

最近の社長


「ロンドン・8月」


諸事情でロンドンへ。
金融業発祥の地のシティを肌で感じたくて歩きに歩きました。
日ごろの運動不足で足の付け根が痛く、ふらつきます。

最も見てみたかった「ザ・ガーキン」
ピクルスの形を模してある象徴的なビルです。
三菱地所もありました。

通りに停めてある車は、ちょっと買えない代物が普通に停まっていて、
これってやっぱりオイルマネーか、金融事業で一儲けした人が
オーナーなんでしょうか・・・ロールスロイスの2ドアに、
アストンマーティン、ランボールギーニ・・・

なんでも、古い立派なビルは中を近代的に改築するのですが、
車庫はとれないそうです。なので路駐。

街のレストランでも、白人の母と子供が4人にどう見ても
フィリピン系のお手伝いさんがワンテーブルに。

旅行でもお手伝いさんを同行するとのこと。
部屋はといえば自分たちはいいトコに泊まって、
お手伝いさんは近くの別のホテルに泊まります。

そういえば、インドに行ったときも富裕層宅は
お料理係、洗濯係、子守係にドライバー。

インドの女性はなにもしなくって、肥えていることがステイタスとのことでした。
どこへ行っても2極化は否めません。
どこへ行っても旅行者が行ってはいけないエリアもあります。

ロンドンも○○ゾーンはNGとか言ってました。
移民の人たちも怖そうに見えてしまいます。

どうしたら格差の溝を埋めることができるでしょうか・・・
自分独りじゃ「無理」と殆どの人が投げてます。
これを掘り下げないといけないんでしょうけど・・・

オイスターカード(イコカ、スイカのような電鉄系カード、
ガイドさん曰く最も便利)を買って地下鉄で移動していたのですが、
しんどくなってタクシーに。。。

上の風景も見えますからと、自分に甘い行動。
晩は9時すぎまで明るいので、結局、ただの酔っ払いのおっさんでした。





2018年8月6日月曜日

最近の社長


「健康であるときに思うこと」


先日、知人のお見舞いと世間話を兼ねて会社訪問へ。
その社長は様々な理由で車椅子に。


退院後いまはリハビリに通われていて、きっと良くなると思います。
私もそう祈っております。


私も数年前、坐骨神経痛(激痛でした)で
たった2日間だけですが、松葉杖であったこと。

一昨年、足首を骨折(ゾウの足のようでした)して
入院していたことを思い出さずには居られませんでした。

体の不調は大なり小なり怖いです。
仕事やまして日常生活を一変させることもあります。

風邪で熱が出ただけでも、「あ~、あ~、もうあかん!」なんて日がありますよね。
ですから、日ごろの精進あるのみ!
なにをするか?
それは自分で考えないと誰も教えてくれませんよ!

健康時にその不調を思い、平時に乱を、順境に逆境を。
※足首骨折後術後の写真