2019年9月16日月曜日

最近の社長


「ポーランド+チェコ」Ⅲ

アウシュビッツ強制収容所へ。
アンネが収容されたところです。
日本人ガイドの中谷さんと言う方に2時間ほど案内していただきました。
非常に丁寧にご説明頂いて、本当に考えさせられました。

劣悪な環境の収容所、たった2畳のスペースに5人寝ます。
寒い時はマイナス15、次々亡くなります。

収容時、「選別」と言って、軍医が働ける人は右、働けそうにない人は左。
左に行った人は、そのあとガス室へ。
シャワーを浴びて消毒すると嘘を言って前進させます。
女性も子供も、、、、

そうしているうちにユダヤ人が溢れかえって、
収容所に入りきれなくなったものですから、ホロコースト、
つまり収容所に来るなりガス室。

遺体をドイツ人に処理させるにはストレスがかかりすぎると言うので、
生かしてやるから処理しろ!と、同じユダヤ人に焼かす。

ガイドの中谷さんは、「考えて下さい!」と、所々で、
明確な答えは言われないのですが、問題提起してされます。

それぞれの思想の違いや宗教もあるので、
私的な思いは持っておられるようですが、「考えて下さい!」で留められます。
アウシュビッツの問題だけではなくて、
いま世界中で起こっているさまざまな争い、過去の戦争の補償問題。

人間はあやまちを犯すし、傍観者はあやまった指導者に流される。
差別やヘイトスピーチなどによって、、、
中谷さんに教えてもらったことは、忘れないようにしたいです。



2019年9月9日月曜日

最近の社長


「ポーランド+チェコ」Ⅱ

移動と時差と、口に合わないけど、美味しいと言われる郷土料理。
毎夜繰り広げられる宴席。(一番くつろげます)

おじさんばかりなので、年齢は問わず、一様にポッコリお腹の、
中には西瓜のようなお腹にピチッとしたティーシャツの方も。

そういえば、随分前に他の会で、ある先輩から、
「あんな、あんななったら男もあかんぞ!」と言われる先には、
ビールジョッキ片手に指には煙草、髪の毛は寂しく、
アブラギッシュなお顔。そしてお腹はスイカの如く。
脳裏に蘇りました。

私は、そうではない!  と、思っても鏡を前に横を向くと、
それほどではなくても親戚か!

今回は、こころに決めて先ずは1キロ減をキープするようにしよう!
帰国したら、じゃなくて今から。

全くお腹の出てない方に聴くと、やはり、禁ビール、
シャリは日に3食中ほぼゼロと、、、
総摂取量ですね。



2019年9月2日月曜日

最近の社長


「ポーランド+チェコ」Ⅰ

  824日 伊丹羽田ミュンヘンワルシャワ
乗継が大変です。
今回の大阪年輪会研修旅行は総勢32名です。
いつもは2024名なのですが、なぜか今年は多いです。

いま、ミュンヘンで待ち時間にコレを書いています。眠たいです。(日本時間−7h)
例のごとく飛んでから1度目の食事時にワインをおかわりすること4回。
12時間弱のフライトの半分は寝ています。

しかしこの乗継トランジットが意外や疲れます。
だいたい遅れます。今も1時間のところ2時間ほど遅れてますが、、、
日本の電車みたいに、何秒か遅れても謝罪する事については、
ガイコクジンはたいそうビックリするそうです。

とは言え、出発したところなので、日頃の反省と今後の会社の方針などを考えつつ、
皆さんと勉強を交えて楽しく行きたいものです。