2021年8月2日月曜日

最近の社長

「気づく」

 

 

人生=気づき。

ふと、気づくこともあれば、考えあぐねた末に気づくこともあります。

本を読んで気づくこともあり、他人から言われて気づく場合もあります。

最も悲しむべきは、あの世へ行っても気づかない人。

部下にきつく言うこと。

家族に偉そうにばかり言うこと。

過度な嗜好により、健康を害していること。

他人から指摘されても聞かないこと。

自分はどうか・・・

偉い先生からの助言は聞く癖に、自分より目下や気安い者からの意見は聞く耳なし。

孔子曰く、

「七十にして心の欲する所に従えども、矩(ノリ)を越えず」

矩=人間として守るおきて。

 


2021年7月26日月曜日

最近の社長

「温暖化防止」

世界中で山火事、集中豪雨、熱波、干ばつ、地震に津波、

海面上昇、最近はSDGsとかよく耳にします。

コロナも世界中で変異しつつ猛威を振るっていてその勢いはまさに未曽有。

人間の果てしない欲望は、進化とか技術開発、革命とかに呼び方を変えて肯定しています。

否定したら儲かりません。

米中対立や中東の戦闘や麻薬に武器供与。

北極の氷が解ける!!!

そんなん知るか!!!

そんなことより、現世の生活。

わたし、教祖さんになって、何とかなりませんかね

 

 


2021年7月19日月曜日

最近の社長

 

「第5波」

 

 

今日は、2021717日 土曜日です。

本当なら、祇園祭で街中は大大大渋滞。

数日後には五輪開催。

東京では、連日1000人以上の新規感染者数が確認されています。

有識者からは、間違いなく、「第5波」とのこと。

政治家も、オリンピック関係者も、混乱極まりない様相です。

ハチャメチャです。

私が願うのは、切に、現今のオーストラリア・タイ・インドネシアなどのように、

都市封鎖ロックダウンをされることです。

京都でも、再び、百貨店や学校が閉鎖され、四条通に人影がなくなること。

それだけは、避けたいです。


南アフリカでは、暴動・略奪→トヨタの工場も閉鎖しているとのこと。

カリフォルニア・LAでも、ついこの前まで、BARでカンパーーーイ!!

なんて映像が流れてたのに、再びマスク着用の規制。

どうなんの ??!!??


ファイザー・モデルナ・JJもいいけど、武田・中外・第一三共・塩野義など

日本の製薬会社のワクチンを世界中に出し、日本連合ここにあり!と、

世界中にそのパワーを知らしめてほしいです。

本当なら、日本の存在価値を世に問う、絶好の機会です。

“機は熟した!”

と言わんばかりに、カッコよく日本製を世界中に出してほしかったです。


なにか、欧米中露から脅されていたり、

裏取引がないのなら日本の底力を見せてやって貰いたいです。

現在、日本の地位低下は、日本人が思っている以上に下がりに下がりまくっています。

製造業・金融・貿易すべてにおいて、アジアでは、日本はミャンマー並みとのこと。

そんなことないやろ!!!

と思っている人は、「茹でガエル」とならない保障があるでしょうか・・・

 

 


2021年7月12日月曜日

最近の社長

 

「 目 」

 

 

随分前に、地主さんから、

「わしなぁ、何回も会うとるけど、君ところの、

○○くんと、○○さんは、目が死んでるなぁ‥」

と、まぁ、わたしに、ぼそぼそっと毒を吐かれたのですが、

ずーっと、脳裏に残っており、たまに思い出します。

「目が死んでる」と表現するということは、そう診られてもしょうがないような、

態度振る舞いや、顔がふてくされているとか、さまざまな要因があってのことでしょう。

前出の○○さんは辞めましたが、くんの方は、いまはよく頑張ってくれています。

人の言うことを鵜呑みにしてはいけませんが、

意見としてはどれも一旦は清濁併せ吞まなければならないこともあります。

盛和塾で稲盛会長は、再々再四、

「人生=考え方×熱意×能力」と言っておられました。

掛け算ですから、どれか一つでも、0なら、すべて答えは0となります。

能力が劣っていて2でも、熱意が200で考え方が50なら、その積は、20000です。

能力が200あるのに、熱意が3で、思考回路が粗悪で2なら、わずか1200です。

「目が死んでいる」とは、必ずしもその個人のせいではなく、もしかしたら経営者や組織にもその原因があるのかもしれないと考えるのが、上に立つ者の責務。

「あいつは、アホや!」

という、お前が上司として経営者としてアホなのではないでしょうか。

最近は外部からそういうお叱りは無いのですが、何も喋らない社員が要ると少し心配です。

出来れば、目は輝いてほしいものです。




2021年7月5日月曜日

最近の社長

 

「不 正」

 

 

今月、超大手電機会社の不正検査が30年以上にも渡り行われていたとのこと。

現取締役が辞任するまでに及びました。

株価は1600円ほどでしたが、一瞬100円ほど下げるにとどまっています。

耳にタコ、というか、耳慣れしてしまって、そういう大企業、政治家、談合、不正、賄賂・・・

折しも、同時期に霞が関の若手官僚が、コロナ禍に紛れて、

部課の違った同僚とうらでペーパーカンパニーを作っておいて、

そこへ多額のコロナ助成金を振り込ませて逮捕。

まったく、違う記事ですが、そう全く違うわけでもなく、

根底にあるものは、人間のおぞましい欲や憎悪。

メディアでは、成功者とその真逆である、大失態をしでかした話題ばかりです。

いつの世でも仕方ないことかもしれません。

またまた折しも、軽井沢に6600坪の巨大別荘。

最近離婚された、アメリカの元IT社長B氏。

なんかなぁ・・・

複雑な感じです。




2021年6月28日月曜日

最近の社長

  

「局地バブル」

 

 

京都でも、東京でも人気のあるエリアでは、マンションも土地も、

開発業者が仕込んだ土地が高値であれば、当然再販価格も高くなります。

しかし、誰かがそれを買ってしまえば、その単価が新しい相場となってしまいます。

そして、また別の業者が、「よし! その価格で行け!」となると

またまた、新しい相場が出来上がってしまいます。

しかし、人気のエリアに限ります。

的外れは論外。

安くっても、間違って高くても売れません。

東京、京都に限ったことではないでしょうけど、

どこもかもそういうことになっていると思います。

私達の地元でも、不動産を買いたいというお客様は、

突き詰めると同じような物件を希望されます。

狭いエリアでの商売となると取り合いになり、

先に申し上げたように、またまた価格上昇。

新築マンション価格も人気のある所では、専有面積当たり、

420万円/坪。 !!!!!

20坪なら8000万円

30坪なら12000万円。

70%の購入者は京都圏外の方とのことです。


ホテルが一巡したので、マンションが多少なりと増えると思いますが、

この局地バブルなので、マンション開発用地の仕込み地に

どこの開発業者も大変苦慮されています。


コロナ禍もあって、今後の人気エリアの価格動向に注目せざるを得ないです。

みんなが欲しいものは、みんな欲しいですよね ・・)

 

 

「不動産のご相談は浅薄なことでも弊社へ!!」

2021年6月21日月曜日

最近の社長

 

「天が降した災難は逃れられることもできよう、

だが、自ら招いた災難は決して逃れられない」

 

 

私の結構好きな言葉です。

お寺の前に掲げられていそうですよね・・・

このコロナ禍は、自ら招いたそれではないので、逃れられます!!!

あと、もう少し、踏ん張ろう!!!